米好きさんに続報、美ボディのためには玄米と白米どちらを食べる?

健康的に美ボディを作るボディワーカー みわえりです。
前回の記事 米好きさんに朗報、ダイエット中も白米を食べよう!
に引き続き、お米のお話。

【玄米と白米、栄養成分が多いのはどっち?】

まず栄養成分表で見てみると、それはもうはっきりと、
白米よりも玄米のほうが栄養成分が多いです。
特に、玄米のぬかの部分に多いのはビタミン、ミネラルです。

ですが残念ながら、多くの人にとってそれらの栄養成分は
全て吸収されるわけではなく、排出されてしまう分も多くあります。

いくら調理前の状態で栄養成分が多くても、
体に吸収されないと食べる意味がないと思いませんか?
実際に口から食べた時に、より多くの栄養成分を摂取できるのは
玄米と白米のどちらなのでしょうか?

【栄養学の注意ポイント、成分表と実際に取り込まれる量は違う】

玄米とは、白米の周りが糠(ぬか)に覆われたままの状態のものです。
現代人の腸では玄米を消化・吸収するだけの力が備わっていないので、
成分表で見たまま全ての栄養成分が吸収されるということはほとんどありません。

栄養の吸収率には個人差が大きく、
全く同じものを食べても消化・吸収される栄養素の量は
人によってそれぞれ異なります。
同じようなものを食べていても太りやすい人・太らない人
またはお腹を壊してしまう人などいろいろいますよね。

また、同じ食品を食べ続けることによって
だんだんとその食品の栄養を吸収できるように、体は変化してきます。
玄米を食べて栄養素をたくさん吸収できるような体になりたい場合は、
毎日玄米を少しずつ食べ続けて慣らしていく必要があります。

【結論、味や食感が好きなほうを食べればOK】

栄養素が少ないように見える白米ですが、良いところもあります。

まず一つは食感が良いということ。
水分をたくさん含みモチモチとした食感を味わうことができます。
もう一つは、白米を覆っている糠が取られていることによって
栄養素が吸収されやすいということです。

玄米と白米、実際に食べることで吸収できる栄養は、
実はそんなに大きな違いはない、と言えます。

ですから、健康のためにと我慢して玄米を食べるくらいなら、
白米を食べても全然問題ないんですよ。
玄米の味と食感が好きで食べているのだったら、
もちろん玄米を食べても構わない、ということです。

雑穀や豆などを混ぜた雑穀米も同様で、
味が好きで食べているなら良いのですが
我慢してまで雑穀米を食べる必要は特にないと思います。

【そして結局大事なのは、量・バランス・時間・ちょっとの知恵】

これはいつもいつも言っていることなのですが、
1つのスーパーフードでめちゃくちゃ体が変わることは無いし
2〜3日の食事をどうのこうのしたからと言って
それまでのウン十年がリセットされることも無いです。

だから白米を食べて良いよ!と言ったところで
毎食お茶碗3杯とか食べてしまったらそれは食べ過ぎです。
白米だけ食べれば良いかというとそれも違って、
他にも必要な栄養素があります。

次々と現れるスーパーフードに踊らされず、
基本の食事をしっかりと食べることが大切です!

★次の記事 フードコンシェルジュ®資格取得講座 in名古屋、開催します!
★前の記事 米好きさんに朗報、ダイエット中も白米を食べよう!

このブログの人気の投稿

腹筋をバキバキに割るには?!縦割れの腹筋、シックスパックの腹筋。

米好きさんに朗報、ダイエット中も白米を食べよう!

腹筋を知る!代謝アップ、姿勢・胃下垂改善、若返りにもインナーマッスル!

たるんだ二の腕はもう細くはならないの?!二の腕部分痩せ

フードコンシェルジュ®資格取得講座 in名古屋、開催します!

今日は何食べる?太りにくい・老けない食べ方のコツ

砂糖は太る原因になる?スイーツは食べてもいいの?

一時帰国からホーチミンへ戻りました

他人と暮らすというライフスタイルは人生を豊かにすると思う。