今日は何食べる?太りにくい・老けない食べ方のコツ

健康美ボディを作るボディワーカー みわえりです。
同じようなものを同じように食べているように見えるのに、
太りにくい人と太りやすい人がいると感じたことはありませんか?

太りにくい人は、何を選んで食べているのでしょうか?

ポイントはいくつもありますが、まずは大きな2点を今日はご紹介します!

【太りにくい・老けない体になるための食べ方のコツ】

(1)吸収率がアップする食べ合わせ

あらゆる食材が、いろいろな栄養素を持っています。
ですが、食べたからといってその全てが体のために使われるわけではありません。

吸収されずに排出されてしまうのものもあれば、
使われずに溜め込まれてしまうものもあります。

例えば、お米のことを書いた記事でも出てきますが、
糖質をエネルギーとして使うためにはビタミンB1が必要となるので、
この2つを一緒に食べるとエネルギー消費の効率がアップします。

他の例だと、脂の多い肉は抗酸化作用の高いビタミンCを一緒に摂ると、
酸化物質が体に溜まりにくくなり、アンチエイジングに効果的です。
意外と知られていないのですがジャガイモはビタミンCが豊富なので、
ハンバーガーと一緒にポテトを食べるのはとても良い組み合わせなんですよ。

このように、単体の栄養素だけで考えず、
うまく吸収や消費されるのに必要な組み合わせを知っていると、
「これを食べるなら副菜はこれにしよう」
「この野菜はこの調理方法のほうが良いな」
といった形で、ほんのちょっとの工夫ができるようになります。


(2)体の仕組みから考える食事のタイミング

「何を食べるか」は大切なのですが、
「いつ食べるか」というのも重要なポイントです。

例えば、
以前の記事[砂糖は太る原因になる?スイーツは食べてもいいの?]
にも出てきますが、寝る前のスイーツ習慣は避けたほうが良いです。

別の例では、こちらの記事
[早食いは太る?血糖値と満腹中枢、太らない食べ方の工夫]
でもちらっと出てきますが、
うまく間食を取り入れて全体の食事量を安定させるという方法もあります。

みなさんそれぞれ仕事や育児などの生活がありますから、
みんなが同じ時間にきちんと食事できるわけではありません。
食べるタイミングというのは、大切なのですが
じゃあ自分がどうしたら良いのかというのがわかりにくい項目でもあります。

食事のタイミングを改善するには、
その人のライフスタイルに合わせて
現実的に実行可能な工夫を取り入れることが大切です。

まずは今の食事の何が問題なのか?を知ることで、
じゃあどこをどう変えたらより良いのか?
と改善策を考えていけるとベストです。

体と食について、もっと知りたいと思いませんか?

【体の仕組みと食の基本が学べる、フードコンシェルジュ®検定講座】

基礎を学んで、毎日の食事をより良いものにしてみませんか?
食事で体は変わります!

7月は名古屋で[フードコンシェルジュ®検定講座]を開催します。
※日程が7月7日(土)に変更になっています。
こちらの講座はプライベートでマンツーマンの受講もできますので、
興味のある方はお気軽にお問合せください。

まずは自分の食生活の悩みの解決方法を知りたいという方には
マンツーマンの食事カウンセリングもおこなっています。
7月中のみ、名古屋でのカウンセリングが可能です。
(45分 3,000円〜)

気になった方は、お気軽にご連絡ください!
お問合せはSNSメッセージから、お待ちしております
Facebook Eri Miwa
Instagram @erisbody
Twitter @ERI_0213


★前の記事 腹筋を知る!代謝アップ、姿勢・胃下垂改善、若返りにもインナーマッスル!

このブログの人気の投稿

腹筋をバキバキに割るには?!縦割れの腹筋、シックスパックの腹筋。

米好きさんに朗報、ダイエット中も白米を食べよう!

腹筋を知る!代謝アップ、姿勢・胃下垂改善、若返りにもインナーマッスル!

たるんだ二の腕はもう細くはならないの?!二の腕部分痩せ

フードコンシェルジュ®資格取得講座 in名古屋、開催します!

米好きさんに続報、美ボディのためには玄米と白米どちらを食べる?

砂糖は太る原因になる?スイーツは食べてもいいの?

一時帰国からホーチミンへ戻りました

他人と暮らすというライフスタイルは人生を豊かにすると思う。