米好きさんに朗報、ダイエット中も白米を食べよう!

健康美ボディ作りのボディワーカー みわえりです。
なぜかよく悪者になってしまう白米。白ご飯。
「ダイエットに糖質制限は必須!?」
それって本当ですか?
継続できて健康になれるという私のやり方から見ると、
本当は、白米はとっても良い栄養源なんですよ〜。

【エネルギー源として必要な栄養素・糖質】

米はなんといっても、糖質というエネルギー源を多く含む食品です。
糖質は食べてからすぐに分解されて血糖値を上げるので、
血糖値を上げる食品は太る!と言われていたことがあるのですが、
実際には生きていくためにも活動するためにも
欠かすことのできない大切なエネルギー源です。

また、短期間のダイエットで糖質制限が効果的だと言われるのには訳があって、
確かに体重は落とせるかもしれませんが必ず筋肉が減っていますので、
ダイエットを中止して糖質制限をやめると、確実にリバウンドします。

糖質制限からのリバウンドをすると、
もともとの状態よりも筋肉が減って脂肪が減るという状態になり、
脂肪を燃焼する燃焼工場は筋肉ですから代謝も落ち、
どんどん太りやすい体質になるという悪循環に陥っていきます。
これでは全く健康的と言えませんよね。

【糖質の代謝に必要なビタミンB1】

糖質は必要なので食べないといけない、じゃあせっかく食べるなら、
しっかりエネルギーとして使ってしまいたいですよね。
使わなかった余分なエネルギー源は、脂肪として貯蔵されていきますので。
しっかり食べてしっかり使う、これが理想です。

ではどうやったらエネルギーとして使われるのか?
糖質を使うためには、その過程でビタミンB1が必要になります。
糖質とビタミンB1がバランスよく含まれているお米は、
理想的なエネルギー源なんです。


【水に溶け出してしまう水溶性のビタミンB1】

ビタミンB1は水溶性ビタミンで、
水に溶けて出て行ってしまうという性質を持っています。
お米の場合は、炊く時に米が水を吸収していますので、
一旦溶け出したビタミンB1も一緒に食べることができます。

これがパスタだと、ゆでる時に溶け出したビタミンB1は
ゆで汁と一緒に捨てられてしまいます。

このパスタの例のように、
栄養成分表で含有量が多くても、実際に摂取できる量はそんなに多くない
ということはよくありますので、注意が必要です。
また、それを知っていると、実際に摂取できる栄養素をより多くする
効率の良い調理法の工夫なども理解できるようになりますよ。
体の仕組みと栄養の関係、もっと勉強したくなりませんか?!

★次の記事 米好きさんに続報、美ボディのためには玄米と白米どちらを食べる?
★前の記事  鍼灸師の私が今はトレーニングと食事をメインでやっているワケ。

このブログの人気の投稿

腹筋をバキバキに割るには?!縦割れの腹筋、シックスパックの腹筋。

腹筋を知る!代謝アップ、姿勢・胃下垂改善、若返りにもインナーマッスル!

たるんだ二の腕はもう細くはならないの?!二の腕部分痩せ

フードコンシェルジュ®資格取得講座 in名古屋、開催します!

今日は何食べる?太りにくい・老けない食べ方のコツ

米好きさんに続報、美ボディのためには玄米と白米どちらを食べる?

砂糖は太る原因になる?スイーツは食べてもいいの?

一時帰国からホーチミンへ戻りました

他人と暮らすというライフスタイルは人生を豊かにすると思う。